小金井の街を森に!準備会メンバーによる活動の記録


by noguchi_yukiko

プロフィールを見る
画像一覧

犬養木堂が命名した泉に隣接する、約200へーベー

b0197592_15174731.jpg
b0197592_15223840.jpg

[PR]
# by noguchi_yukiko | 2010-10-24 15:23

風をつくる家、雨をつかう家

建設予定地です。
[PR]
# by noguchi_yukiko | 2010-10-24 15:08

微気象という現象

皆さま。おはよう!野口です。異常気象の2010年、9月になっても猛暑に風乞い、したい。で、
先日の準備会の「微気象を読む」(黒岩哲彦)を、もう一度。

「風立ちぬ」と、微気象を小説のタイトルにした堀辰雄です。

わたしは目下、黒潮に浮かぶ島に来ています。同じ東京都ですが、緯度は南で暑い。ですが、椿のジャングルが風を戦がせて、爽やかです。椿の木は、島人たちが暴風林とし植林した歴史遺産です。

「風をつくる家」がコンセプトの一つとするエクセルギーハウスです。もし、家並みの一軒一軒が風をつくってくれたら、街は、森のように風戦ぐことも可能ではないか、と、空想しました。
そよぐは漢字で表すと、戦ぐ、なのです。意味深長ではありませんか?
 
もひとつ、聞きかじり披露

武蔵野に降る雨は、インドの空に生まれた雲だそう(村瀬誠:おたカフェ水の学校講義)
[PR]
# by noguchi_yukiko | 2010-09-04 07:23

雨デモ風デモハウスの設計図

 準備会第12回では、設計タタキ台図面が提示されました。
わたしたちの提案する家は、どんな家か、これまで何度も討議したのだ。
いよいよ、デビューさせる時が来る。
 前回、入札応札社の土屋設計からはゾーニング図が出された。わたしは、アプローチの車寄せが気
になるのだが、どうやら、仕方がないよう。

準備会設計チームの設計図は、東窓の厨房が特徴に思えた。家をつくるなら、の理想だ。
 
 来年6月にはお目見えする予定の家は、エクセルギーという熱エネルギーの質を仕掛けにする設計です。??言葉で説明するよりは、五感が納得する。一見、何にもしてないように見える、シンプルな家は、実は、環境に配慮したモデルがある。ニックネームは雨デモ風デモハウスのわけは、また。
[PR]
# by noguchi_yukiko | 2010-09-02 01:19

なぜ、エクセルギーを用いるのか

ところで、環境に配慮した家についての説明は、一言でいうと、ネイティブサイエンスになる。

雨がたくさん降る日本では、庇の深い屋根となっていたし、風通しのよい南向きに、夏の暮らしが快適であるようにと工夫されていた。

この夏のように、猛暑がつづくと、風の流れは生きもの、だってしみじみ。皮膚が呼応しどんなに心地よいことか、肌で感じる!

雨デモ風デモハウスは、空調設備に頼らずとも、自然をシャットアウトするのではなく、出入りさせることを設計する、そんな家です。
[PR]
# by noguchi_yukiko | 2010-08-29 00:21

最新の記事

犬養木堂が命名した泉に隣接す..
at 2010-10-24 15:23
風をつくる家、雨をつかう家
at 2010-10-24 15:08
微気象という現象
at 2010-09-04 07:23
雨デモ風デモハウスの設計図
at 2010-09-02 01:19
なぜ、エクセルギーを用いるのか
at 2010-08-29 00:21

以前の記事

2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧